テレビCMのディレクションは、サン・アドの葛西薫(2014年)、映画監督の是枝裕和氏(2015年~2016年)、同じく映画監督の西川美和氏(2017年~2018年)が担当。年度により、日頃の仕事風景や入社式、定年退職式など社員の日常に寄り添いながら撮影している。喜び、緊張、安堵といった様々な表情をカメラが細やかに映し出していくドキュメンタリーCMだ。

クライアント:
伊藤忠商事株式会社
サン・アド:
CD:葛西薫 / AD+D:岡本学 / Pr:脇達也・坂植光生・岸良真奈美・荒木拓也 / 【2014年】Dir:葛西薫 / アシスタントDir:山野邊毅 / PM:齊木繁 / 【2015年〜2016年】PM:畠山雄栄・遠藤萌 / 【2017年〜2018年】PM:遠藤萌・達橋亜希
サン・アド以外の方々:
CD:川島蓉子(ifs未来研究所)・山本康一郎(山本康一郎事務所) / C:国井美果(ライトパブリシティ)/ 編集:伊藤総研 / Pr:田保智世(ライトパブリシティ)・福間美由紀(分福) / AE:城所未紀(伊藤忠ファッションシステム) / 【2014年】Pr:矢花宏太(電通)/ Ca:関めぐみ / 録音 渋谷宗昭 / 【2015年〜2016年】総合演出:是枝裕和(分福) / Dir:今中康平(分福) / アシスタントDir 河股藍(分福) / Ca:高野大樹・鈴木克彦・佐藤洋祐 / 録音:高橋一三・井澤賢博・清水克彦・黒木禎二・河合正樹 / 編集:沼田健作 / MA:柏木勝利 / NA 笑福亭鶴瓶・樹木希林 / 音楽Pr:渡辺秀文 / 作曲・演奏:中川俊郎 / 【2017年〜2018年】 / Dir:西川美和(分福) / アシスタントDir :今中康平・比嘉さくら(分福) / Ca:高野大樹 / 録音:清水克彦 / 編集:沼田健作 / MA:柏木勝利 / 黒部尊仁 / NA:国井美果(ライトパブリシティ) / 音楽:竹原ピストル
TVCM「ひとりの商人、無数の使命」シリーズ(2014年)
説明:
「ひとりの商人、無数の使命」というメッセージに込められた伊藤忠商事の商人としての志、商いの哲学が、何気ない風景の中で語られている。飄々としながら深みのあるナレーションは笑福亭鶴瓶氏。演出はアートディレクター葛西薫。
TVCM「ひとりの商人、無数の使命」シリーズ(2014年)
TVCM「ひとりの商人、無数の使命」シリーズ(2014年)
TVCM「はじめての使命」シリーズ(2015年)
説明:
入社式の1日に密着したドキュメントCM。演出は是枝裕和氏。登場する3人は同社の新入社員約140人の中から選ばれ、入社後すぐに密着して撮影された。広告っぽくならないこと、予定調和にならないことに注力した。「なに笑てんねん」と温かく見守る関西弁のナレーションは笑福亭鶴瓶氏。
TVCM「はじめての使命」シリーズ(2015年)
TVCM「はじめての使命」シリーズ(2015年)
TVCM「はじめての使命」シリーズ(2015年)
TVCM「食料カンパニー コーヒー課」篇(2015年)
説明:
働く社員に密着し、「商人」がどんな仕事をしているのかをリアルに切り取るシリーズの一本。本篇ではコーヒー課の仕事を取材。コーヒーのテイスティングは社内の会議室で行われる。豆を焙煎し、複数のコーヒー豆を同時に吟味する姿は、商人でありながら職人のようでもある。シリーズの撮影は日本だけでなく世界各地にも及んだ。ナレーションは樹木希林氏。
TVCM「食料カンパニー コーヒー課」篇(2015年)
TVCM「食料カンパニー コーヒー課」篇(2015年)
TVCM「キッズデイ」篇(2016年)
説明:

同社は社員の子供たちを対象とした職場訪問会「伊藤忠Kids day ~パパ・ママ参観日~」を開催している。このCMではその現場に密着。子供たちは自分の名刺を使って社員や社長と名刺交換したり、模擬会議を体験することで仕事への理解を深めた。子供たちのいきいきとした表情が詰まったCMになった。
TVCM「キッズデイ」篇(2016年)
TVCM「キッズデイ」篇(2016年)
TVCM「キッズデイ」篇(2016年)
TVCM「キッズデイ」篇(2016年)
TVCM「金属カンパニー 井野さん」篇(2017年)
説明:
世界中の取引先や関係会社を飛び回り「無数の使命」を果たす社員に密着。仕事現場からプライベートに切り替わった時にほぐれる表情が、ひとりの商人の人柄を表している。演出は映画監督の西川美和氏。このCMのためにミュージシャンの竹原ピストル氏が書き下ろした「俺たちはまた旅に出た」が応援歌となった。
TVCM「食料カンパニー 天野さん」篇(2018年)
説明:
通称“ゴマ部長”。実は伊藤忠商事の扱うゴマは、日本向け取扱量No.1を誇る。ゴマの産地である南米パラグアイへの出張に密着し撮影した。バイタリティ溢れる商人が、現場の最前線で世界を舞台に働いている姿を描いた。