POLS
不思議な街からきた、
不思議なブランド。

POLS

株式会社丸萬

どこにもないブランドを。

繊維の街、兵庫県西脇市の先染織物会社・丸萬と、テキスタイルデザイナー梶原加奈子氏率いるKAJIHARA DESIGN STUDIOによるテキスタイルブランドPOLS(ポルス)。立ち上げ時からのブランディング、グラフィックデザイン、ウェブサイトのディレクションをサン・アドが手がけている。クライアントの要望は「素朴な地方ブランドというのではない、地方だからこその鋭利な表現」。そこで“地方の新しいものづくりを導く光”という意味をこめて北極星をイメージした名前「POLS」、そして孤高の精神を表現した「ポルスピンクは濁らない」というブランドコンセプトを提案。梶原氏によるプロダクトコンセプト「擬態」、丸萬の企業コンセプト「enjoy fabric」とあわせて3つのコンセプトを軸とし、ブランドを構築していった。

西脇だからこそ生まれるクリエイティブ。

西脇という街は、POLSというブランドをかたちづくる重要な要素のひとつ。美術家・横尾忠則氏の出身地でその作品のモチーフとして有名なY字路が多く、また「日本のへそ」といわれている場所でもある。「独特な空気感があって、地方でありながら宇宙につながっているような街。そこで感じたことをグラフィックに取り込みました」とアートディレクター白井。コピーライターの安藤は西脇を舞台とした奇妙な物語をブランドストーリーとして執筆。最初のパンフレットは実際に西脇市のY字路や喫茶店などで撮影している。

制作物

制作クレジット

クライアント
株式会社丸萬
サン・アド
グラフィック:
AD+D:白井陽平 / C:安藤隆 / Pr:伊比由理恵 / Ph:上原勇(2016,2017)
ウェブ:
AD+D:白井陽平 / C:安藤隆 / Pr:伊比由理恵
サン・アド以外の方々
グラフィック:
CD:梶原加奈子(kajihara design studio) / PL+Pr:服部彩子 / Ph:小林亜佑(2015)/ HM:澁澤芳江(2015,2016)/ ST:山本さちこ(Vecht・2016)/ 協力:kajihara design studio / 施工:PLAN-B(2016,2017)・タナカデザインロジステクス(2015)
ウェブ:
CD:梶原加奈子(kajihara design studio) / PL+Pr:服部彩子 / WebDir:綿村健