コマツ

社員の誇りをつくる広告。 コマツの企業CMのディレクションおよびプロダクション業務を2009年から担当。国内外のさまざまな場所で活躍するコマツの機械をとらえたCMを制作している。2017年は無人ダンプトラックをとりあげた「アリゾナ鉱山」篇。巨大鉱山で働くコマツ機の幅広いラインナップとそのチームワークをダイナミックに描く。鉱山と機械、両者のスケール感をいかに感じさせるかを心がけて制作した。本シリーズは生活者に向けてのアピールはもちろん、普段海外の現場に行くことのないコマツ社員にとっては、仕事への誇りを醸成するものとなっている。

クライアント:
株式会社小松製作所
サン・アド:
C:内藤零 / Dir:柴田恭輔 / Pr:坂東美和子・坂植光生 / PM:重長奈津美
サン・アド以外の方々:
CD:中澤真純(電通) / C+PL:櫻木浩一郎(電通) / CPr:松本和久(電通クリエーティブフォース)/ AE:金佳映(電通) / Ca:Gabriel・Bienczycki / Crd:Jonathan・Hinton / 音楽Pr:いいのまさし / オフライン編集:松本進太郎 / オンライン編集:高木陽平 / MA:北穣至
「アリゾナ鉱山」篇